心理カウンセラーになる方法

心理カウンセラーのお仕事は主に、コミュニケーションと交渉です。
コミュニケーションの基礎は、コミュニケーションが『引き起こされた反応』で
あることを知ることから始まります。
コミュニケーションが引き起こされた反応であると知ると、もし間違ったコミュニケーションを
した場合も、それは単に試してみた結果、自分が考えていたのと違う反応が
見られただけの話です。
そう考えれば、コミュニケーションは楽になります。
どんなことをしてでも、自分が得たい反応を得るための事をすれば良いのです。
これは非常に重要なコミュニケーションのコツになります。
次に交渉術ですが、交渉術に必要なのは、相手が最も有利な方向に進めるということです。
まずはそれを優先し、そこから自分にとっても有利な方向を考えていくのです。
その中で、自分には有利であるが、相手にとっては、全く価値が無いことがあれば、
その方向に持っていきます。
こうすることでお互いが得する条件でまとめることが出来るのです。

心理カウンセラー交渉術

心理カウンセラーになる方法

心理カウンセラーになりたいときには、
その方法についても知っておきましょう。
まず、心理カウンセラーとして活躍したいときには、
心理学を専門に学ぶことができる大学院に進む必要があります。
カウンセラーの資格については、
それぞれの認定協会が定めているものが存在しているのですが、
中でも、臨床心理士については取得しておくことで
医療機関でも働くことが可能になるのです。
この資格については、難易度は高いものの、
心理カウンセラーとして充分な知識を持っていることを
証明することができますので、
より専門的な仕事に就きたいときには、
指定されている大学への入学を行ってみるとよいでしょう。
ただし、人によって大学に通うための費用や時間が
ないという方もいます。
この場合には、民間の認定協会が定めている資格の取得を
目指してみてもよいでしょう。
民間の団体が認可している心理カウンセラーの資格を取ることで、
大学に通う必要なく技術を身に着けることができます。
ただし、民間資格の中には、
ほとんど知識を教えることなく認定しているところもありますので、
心理カウンセラーになる方法を見つけたいと思った時には、
信頼できる資格を取得するようにしましょう。

    

inserted by FC2 system